四大毛穴トラブル「にきび」

四大毛穴トラブルの中でも深刻になりがちなのがにきびです。

 

毛穴に詰まった汚れや余分な皮脂とともににきびの原因であるアクネ菌が繁殖し、炎症した状態です。赤く腫れて時には痛みを伴い、酷いと膿んでくることも。にきびは全身にできますが、皮脂量の多い顔に特に出来やすいのです。

 

にきびの出来やすい人は、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が遅くなり、肌が固くなった状態の人が多いです。肌の生まれ変わりを促進するには、前項目「毛穴の黒ずみ・つまり」の対策と同様、肌の汚れを丁寧に落とすことが大切。

 

ただし、洗顔をしすぎると、肌を守る機能を持った皮脂まで取り除いてしまい、雑菌が繁殖しやすくなります。洗顔料は刺激の少ないものを選び、あまり長時間洗いすぎないようにしましょう。タオルは清潔なものを使い、やさしく顔に当てるようにして水分を拭き取ります。ごしごし拭いてはいけません。

 

ターンオーバーを円滑にするために十分な睡眠をとること、肌の調子を整えるビタミン・ミネラルを積極的にとることも重要です。

 

女性はホルモンバランスで皮脂の分泌量が大きく変化するため、季節の変わり目や生理前に急ににきびが増えることもあります。そうした時期のみ、ピーリング効果のある酵素を含んだ洗顔料を使うのも効果的です。どういった時期に自分の肌が荒れやすいか把握しておくと、対策しやすいですね。