からだにきびの対策

毛穴は全身にあるので、当然顔以外にもにきびはできます。特に背中、胸、首裏がにきびのできやすい部位です。汗が溜まりやすく、むれがちな部位で雑菌が繁殖しやすいためです。

 

背中や首裏は自分の目では確認できないため見落としがちですが、気をつけていないと高い確率でにきびや、にきび予備軍ができています。

 

顔のにきびと同様、対策は汚れを落とすこと。からだを清潔に保ちましょう。汗をたくさんかく夏場は特に注意です。毛穴をあたためて開いてからだとより効果的に汚れを落とせるので、シャワーだけで済ませず、湯船に浸かってからからだを洗うのがベスト。

 

さらに、盲点な原因がシャンプーのすすぎ残し。すすぎきれなかったシャンプーが背中や胸、首裏の毛穴に残り炎症を引き起こし、にきびとなるのです。

 

特に背中にきびの原因の多くはこれであり、シャンプーのすすぎを十分に行うだけで改善される場合もあるほど。シャンプーやリンスは、ぬめりがまったく感じられなくなるまでしっかりと行いましょう。髪を洗ったあとにからだを洗うといっそうグッド!

 

からだにきびがあまりに気になるときには、専用のボディウォーターを使うといいでしょう。顔とからだでは皮膚の構成が違ってくるため、顔用のにきび対策クリームなどを使わずからだ用の使用をおすすめします。手の届かない背中にも使いやすいようスプレー式になっているものが便利です。